アニメ「幼女戦記」をアマゾンプライムビデオで観る!

休みの日など、時間がある時にアマゾンで映画やアニメを観ることがあります。

アマゾンプライムというのはアマゾンのプライム会員が利用できるサービスで、購入した物の発送が早かったり、映画が無料で見れたり、音楽が無料で聞けたりするので便利。

ビデオは評価が高くて面白そうなのを選んで観るんだけど、先日幼女戦記というアニメを観たら、面白くて1話から12話まで通しで観てしまった。

f:id:enshiro:20170807234432j:plain

最近、「幼女戦記」というタイトルは本屋さんでもよく見かけていた。しかし、幼女という言葉がいかにも奇をてらってる感じが嫌でこれまで避けていた。

ただ、レビューの評価が高いし、無料なのでちょっと観てみるかと思って観てみたらハマってしまったという次第。

幼女戦記」の面白いところ

主人公の出世

一言で言うと、日本のサラリーマンが全く違う時代の幼女に生まれ変わって戦争で活躍する、という話なんだけど、その活躍っぷりがいい。

軍隊という組織の中で出世していくサクセスストーリーが、本人が望んだのとは違う方向に進んでいく、というのが面白い。

「どうしてこうなったー!」みたいなセリフが時々出てきて笑ってしまう。

主人公の裏表

外見は子供だけど中身はサラリーマンなので、本音と建前、言っていることと考えていることが違っていて、そのギャップがいい。

自分より組織を優先しています、みたいなサラリーマン的なアピールを常にしているんだけど、時々失敗して、「うかつな自分の口を撃ち抜きたい!」みたいな事を言うのがかわいい。

主人公のユーモア

主人公が部下に対して「虫けらども!」などいろいろひどい事を言うのだが、その中にも皮肉とかユーモアがあるのがいい。

また部下に妙に慕われたり、お偉方に対して時々辛辣な事を言ったりなど、意外といい上司っぷりなのが面白い。

その他

カンネーの戦い」みたいな言葉がよく出てくるように、戦争物の戦略戦術的な面白さも多少あったりするが、その点では銀河英雄伝説などには遠く及ばない。

原作だとまた違うのだろうがアニメに関しては、面白さの大半は変な主人公の魅力が占めていると言えるだろう。

ということで、コミックも注文してしまいました!(原作じゃないのか)

機会があればそちらもレビューします。